第5回目監査 構造躯体(金物など)

上棟後に木材と木材を連結するために金物を取り付けていきます。
適正な箇所にしっかりと止付けること。
建築基準(法令順守)だけではなく、明確な自社基準での監査が安全な住宅の一歩となります。
こうした施工が出来ているかを第三者の視点で判定していくのが私たちの役割なのです。

高い技術力と品質が合わせれば、未然にクレームを防ぐだけではなく
企業価値も向上していきます。

現場管理=品質管理=工程管理=人材教育なのですね!

詳しくはこちらから↓↓↓

https://nextstage-group.com/lp/qualiz/