優良施工事例:第7回目監査

今回は、愛媛県の優良ビルダー様で
「壁・天井断熱材施工完了後、ボード施工前」の第7回目監査を行いました('◇')ゞ

断熱材は、現場発泡ウレタンの吹き付けで、断熱性能の高さは勿論ですが
すき間なく充填ができるため気密性能にも優れている材料なのです。

【メリット】

①熱伝導性

発泡ウレタンは熱伝導性が低く、高い断熱効果を持つことが最大のメリットです。
これは、たくさんの気泡が空気層の代わりとなって熱を伝わりにくくしているのです。

②防音性能

ウレタンの中を空気の泡が埋め尽くしているため音をあまり透しません。

③水に強い

発泡ウレタンは水に強く、少々濡れても断熱効果は維持したままです。

④すき間なく施工できる

狭い場所でも噴射すれば自ら膨らんですき間を埋めてくれます。

【デメリット】

①取り替えが難しい

接着力があるおかげで、全面が張り付いているので入れ替えをしようにもはがすのが大変です。

②品質が一定ではない。

厚さを均一に吹き付けるのは職人さんの技量に影響されますので、信頼のある施工会社に依頼しましょう。

③耐火性能が低い

ウレタンは燃える素材ですが、難燃性のものも発売されています。
難燃性といってもまったく燃ないわけではありません。

④防虫性能が弱い

シロアリなどの虫を寄せ付けないということはありません。
別に防虫対策が必要になります。

⑤費用が掛かる

ウレタン塗装は簡単ではなく施工日数を要するので工期と工賃が増すこととなります。

以上、品質性能が良い材料を使用し、職人さんの技量や工程管理などをしっかり行う工務店に出会うことが良いお家には欠かせられないですね(^_^)/

監査の合間に📷!
花見のシーズンですね。

みんなでワイワイする時代も良かったのですが、一人静に眺めるのも◎